デジタルで
未来を
つかむ大学

公開講座「第2回 日本最北 学生映像作品上映会」(8/20)、「吾輩はシカである。名前はまだないが、AIには分かる」(8/25)を開催します

育英館大学では、市民の皆さまを対象とした公開講座を開講します。多くのご参加をお待ちしております。

■ 第2回 日本最北 学生映像作品上映会

日時:8月20日(土)14時~16時30分

会場:育英館大学 浜森辰雄記念講堂

内容:稚内・東京・新潟、全国の大学生が制作した映像作品を上映します。今回は、樺太や世界と繋がる地域を描いた作品を選びました。

 第一部では、樺太の記憶として、「あの日、ニレの木の下で。」(2021年・育英館大学)、「わが家にソ連人がやってきた」(2022年・育英館大学)ほか1本を上映します。

 第二部では、戦争の記憶として、ドキュメンタリー作品を上映します。

 

■「吾輩はシカである。名前はまだないが、AIには分かる」~動物の個体識別研究の発展~

日時:8月25日(木) 18時30分~20時

会場:育英館大学 新館3階1301教室

内容:近年のAI技術の発展により、人間を個別認識する技術が数多く存在しています。ところが、動物を対象とする個別認識技術はまだ確立されていません。講演者による2021年の研究で、シカの個体識別に関する結果が得られたため、市民のみなさまに活用してもらうべく、公開講座としても発表いたしました。

 本講演では、動物の個体識別にまつわる問題を紐解き、AIや IoT技術を用いてどのように実現するかを、近年の研究動向や講演者の直近の研究成果を交えて解説します。

 

※ 新型コロナウィルス感染症対策の観点から、必ず、講座開講の3日前までに、お申し込みをお願いいたします。

※ 悪天候や新型コロナウィルス感染症等により、中止及び延期の場合があります。

お申し込みはコチラです